星空の隙間

狼陛下の花嫁SS・イラストなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

紡ぎ、繋ぐ

「はじめて」シリーズ、ラストの話です。
すこし先の未来、陛下視点です。(捏造を多分に含みます!)

オリキャラが出ますので、苦手な方はご注意ください。




「おかえりなさいませ!陛下」
後宮に戻った僕を迎える、君の笑顔。
その暖かい光景は、ふいに記憶の底に押しやった、遠い日の母の穏やかな顔を思い起こさせる。


ーーーおかえりなさいませ、陛下ーーー

ああ、母は父を迎える時、こんな顔をしていたんだ。

どうして忘れてしまっていたんだろう。
あの頃、母が父に向けた微笑みを。
そこに、苦しみだけではないものが、確かにあったことを。



ここは母のような、権力を欲せず、自由を愛する人には生きづらい場所。
四方から向けられる悪意に、母は日々悩み、傷付き、父を愛することすら諦めていった。
その瞳が徐々に精気を失っていく様を間近で見続けた僕もまた、幼いながらに諦めを身に付けてしまっていたのだろう。
ここで生きていくには、何かを求めてはいけない。
心のままに、欲してはいけないのだと。


母と同じような想いを強いることも、傷付けてしまうことも無いように。
父のように、国を傾けるほど誰かを求めることのないように。
己を殺して、心を殺して。
はじめて誰かの傍にいたいという、それこそ自分に不釣り合いな夢を必死に切り捨てて。
そうして独りで生きていこうと思っていた。
ここで生み出されるものは、苦しみや嫉妬、羨望や失意……そういった薄暗い感情だけだと思っていたから。
そしてそれが、君を守ることでもあり、僕という存在の為に苦しみ抜いた母への償いでもあると思っていたから。


なのに、結局僕は己の内を焦がすような恋情にーーーいっそ呪いとも言えるほどの執着に身を任せて、君を手に入れた。
それが、決して君のためにならないと解っていても。



けれど。


「あっ!父上っ、いま、あかちゃんがけりました!」
部屋に響く、明るい声。
「お兄さまに触ってもらって、きっと嬉しいのよ」
包み込むような、君の笑顔。
「おとこのこ、おんなのこ、どっちかなぁ。
はやくあいたいなぁ」
「ふふ。どっちかしらね。きっと元気な子だわ」
陽の光に金色に輝く、二人のよく似た栗色の髪。

今になって、はじめて分かった。
母が願っていたのは、僕が独りで生きていく未来ではなく、光に溢れた、暖かな未来だったのだと。


ねえ、夕鈴。
いつだって君は、僕の想像を軽やかに飛び越えて。
手を伸ばすことの大切さと、かけがえのないぬくもりを教えてくれた。
そうして君と共に紡いだ想いが命として繋がっていくことの、泣きたくなるような喜びと尊さと。
そこからまた紡がれていくだろう、眩しいほどに輝く未来を思って。
僕は思わず目を細めた。

世界がこんなにも優しく美しい色彩に溢れていたなんて。
君に出会わなければ、きっと気付くことすらなかったんだ。


「陛下?どうしたんですか」
「父上?」

僕の腕の中で、不思議そうな顔をする二人に、僕は小さく呟いた。

ありがとう。

きっとこの想いは、これから生まれる新たな命にも繋がっていく。



終。



後記。
ご両親や、自分という存在に対する想いが変わる日がくるかもしれないなと。
いつか陛下が穏やかな「はじめて」を迎えられたらいいなあと思っています。
(そんなこと言いつつ、病んでる陛下も大好物ですが!)

「はじめて」シリーズ、最後までお読み頂きありがとうございました。



以下おまけです。
あまりに短いので遊んでみました。

上は男の子、三歳差で女の子が誕生したとして。
勝手に妄想してみました。
苦手な方は読み飛ばして下さいませ。




長男…明るい茶色の髪以外は父親似。
フリーダムな父、トラブルメーカーな母、二人を足して2で割ったような妹に囲まれ日々を過ごす苦労人。
官吏として働く叔父の青慎にこっそり愚痴ってると思います。きっと気が合うに違いない。

長女…黒髪、紅い瞳、頭の回転の速さは父親譲り。可愛いさとおてんばなところは母親譲り。
つまり、困った子。
浩大が大好き。どうにか振り向かせたいがどうにもならない。



こんな感じの兄妹

こんな感じかな…
私が抱く、兄と妹のイメージ。
長男は大抵マジメな苦労性。
妹は割と自由人。
私自身、まさにこれでして……
親に「お兄ちゃんと違って、お前には言ってもムダ」って言われて育ちました。



さて、明日でお仕事最終日。
あと1日頑張ります。

皆様、良いお年をお迎え下さいませ!
関連記事
スポンサーサイト
はじめての | コメント:4 |
<<新年のご挨拶&カウンター20000御礼 | ホーム | LaLa 2月号ネタばれ感想>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-12-29 Tue 15:01 | | [ 編集 ]
あい様。
今年最後の更新なので、いい話ぶってみました。
しかしこれ、萌え成分あるんかい、という自分への突っ込みは聞こえないふりをして晒しました(*´-`)
あい様の寄り道なら完璧にストーキング致しますよ(笑)

しかし通勤電車空いてる~。座れる~。
夫は子供とベッタリマンツーマンです。
頑張って掃除しててくれ!と言い放ってさっさと出勤d(^-^)
私もすんごいダラダラしたいと思います。←いつもだけど
実家に帰るので、子供の相手は誰かがやってくれる(はず)!
GWと年始は年に2回のご褒美ですヽ(´▽`)/
2015-12-30 Wed 08:09 | URL | rejea [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-12-30 Wed 14:45 | | [ 編集 ]
あい様。
お祝いコメントありがとうございます!
返信遅れてすみません(._.;)

いやいや、ぐうたらだなんて!
必要な睡眠ですよ!!

はじめての***って一体何ですか!?
気になって仕方ない♪(/ω\*)
もしやアレか?
アレなのですか……!!?Σ( ̄□ ̄;)
2016-01-03 Sun 21:16 | URL | rejea [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。