星空の隙間

狼陛下の花嫁SS・イラストなど

LaLa7月号ネタばれ感想

毎度毎度、中途半端な感想となんとなく描いたラクガキを載せております。
激しく主観です。
ネタばれ不要な方はスルー検定能力を発動して下さい(´_ゝ`)←こんな感じで

それでは、どうぞ~。




まず、関係ないけど表紙を一枚めくったら現れた厩戸皇子にくぎづけ!
読んでた方いらっしゃいます???
山岸先生の「日出処の天子」。
母の愛読書なもんで、子供の頃から読んでたんですけど。
今思えば、同母兄妹近親××アリ、NTRアリ、若干のBLアリで小学生が読むもんじゃねー!!
(てか、それをLaLaで連載してたなら、白陽国のご夫婦の閨とか余裕だと思うんですけどどうですか。)
あれが人生初BLだったのではないだろうかと思うと感慨深い…
(そして母に「なんで男同士なのに好きなの?」と聞いて怒られた。)
大人になってから読んだ方が楽しめますね、きっと。
ちなみにお隣の「カレカノ」も好きでした。



本題です。

まずは一言。

「あ、朱音さん帰っちゃうんすか。そっすか……(つД`)ノ」

嫌いじゃなかったのでサミシイ。
もうひと暴れ&陛下によるフルボッコにあって欲しかった←鬼
そしてかわいく笑って欲しかったなぁ。デレでもいいけど。
最後までぶすっとしてたのですが、それはそれで好きです(笑)


どうでもいいけど飛録さんってあの乳越しに見下ろされて「馬鹿ね」って言われたんですよね。
その手の人には確実に需要がありそうです。
見下し朱音さん

今回の朱音さんの立場って、夕鈴の「恋敵」でも「あて馬」でもなく、「王族の女性」「民の上に立つ女性」とは、っていうのを夕鈴に感じさせる役割だったのかーと思いました。

結婚してからずうっと夕鈴は「変わりたい」と思ってるわけですが。
陛下は彼女に「変わって欲しくない」。
(ここも激しく主観ですよ~)
夕鈴は「陛下の為に」変わりたい。
陛下は「自分の為に」変って欲しくない。
まぁ、ほら、難儀な人ですからね。←フォローのつもり
夕鈴への愛情でもあり、失うのが怖いってことでもあり、みたいな複雑な感じだとは思いますけど。
後宮に留めちゃった夕鈴が、そのせいで毒に染まる様なんて死んでも見たくないでしょうから。

ここらあたりで今後夫婦の方向性にズレが生じるのかなーなんて思ってます。
そして蘭瑤さまの楽しみが増えるんじゃないかと勝手に期待してます。

色々あるかもしれないけど、最終的にいちゃついてくれればそれでいい!!
ご夫婦バンザイ!!!

雑な感想だなって思われたそこの貴方、大正解です。




関係ないけど、最近線画特訓中です。
苦手だしめんどくさい。
繊細な作業は向いてない。(だから陛下のツヤベタが一番出来ない。)
だからえんぴつのラクガキばっかり描いてたんですけど。
やらないと進歩しないですしね……
キレイに線引けるようになりたいものです。
線画の練習


関連記事
スポンサーサイト
未分類 | コメント:7 |
<<狼元帥と最強の刺客 | ホーム | 君を癒したい>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-05-29 Sun 02:07 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-05-30 Mon 06:27 | | [ 編集 ]
あい様。
コメントありがとうございます!
そしてカウンターも( ;∀;)
リク頂いたのはまだ途中です…ごめんなさい
とんでもなくアホな話になる予感しかしません‼


私も朱音さんめっためたにするブラック陛下見たかったです←お仲間( ゚∀゚)人(゚∀゚ )
いつかあい様に書いてもらおう(他力本願)


あの、朝チュンなのかどうなのかギリギリの感じ、気になりますよね。
でも確実に何かは行われてる(笑)
コミックスでもおそらく早起きの夕鈴に
「眠かったらまだゆっくりしているといい」
とか言ってるあたり、夜更けに陛下は紳士的に何かしらしてると信じてます‼‼
2016-05-30 Mon 08:08 | URL | rejea [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-06-03 Fri 23:38 | | [ 編集 ]
ゆらら様。
わーい、おひさしぶりです(*´▽`*)ゞ
まさかゆらら様が釣れるとは思わなんだ!

もっとボコスカやられるんじゃって思ってたんですけど、あっさりなさってましたねぇ。
陛下は女性に対してジェントルなんだなぁーと、脳内に描いていた鬼畜の所業を笑顔でなさる陛下像を書き替える必要性を感じます(笑)

私的には陛下の闇に夕鈴が気付く……とかおいしいなぁと思ってます♪
2016-06-05 Sun 19:22 | URL | rejea [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-06-05 Sun 21:13 | | [ 編集 ]
ゆらら様。
わわ、私もまさにそう思っておりますっ‼
陛下としては王宮や自分の闇の部分を見せず、そのままの無垢な夕鈴でいて欲しいんだとは思うんですけど……
あの娘さんはそれをよしとしないですよね。きっと。
だってちゃんと隣を歩きたいんですもん!
「本物の夫婦」になったからこそ、夕鈴が踏み込まなきゃいけない部分というか。

でも、ただ単にブラックな陛下が好き、という理由もあります(笑)
2016-06-05 Sun 21:53 | URL | rejea [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |